記事一覧

保育園のお昼寝は本当に必要なのか?

あなたの通っていた保育園ではお昼寝が行われていましたか?

私が小学一年生の頃(約20年前)は、1クラス30名在籍していて、うち保育園に通っていた子は2名でした(後は皆、幼稚園出身でした)。

その2名のクラスメイトの内1名は、小学3年生になるまで給食後の授業では、うとうとすることが多い子でした。

先生も「この子は保育園出身だから仕方ない」として、ある程度は寝かせていたのを覚えています。

その子とは中学も一緒でしたが、うとうと寝ていたことで授業をちゃんと聞いていなかったせいかお世辞にも学力はあまりよくないほうでした。

子供ながらに「保育園ではなぜお昼寝をさせるのだろうか? 私は幼稚園でよかったな」と、思ったことを覚えています。

保育園と幼稚園の入園状況

保育園と幼稚園の現在の入園割合は、やや幼稚園のほうが高めとなっていますが、ほぼ半々の割合であると言えます。

※ 参考:http://www.kantei.go.jp/jp/singi/tiiki/kokusentoc_wg/h28/shouchou/160916_shiryou_s_5_3.pdf

この割合だけで見ると、小学生に上がってもうとうとしてしまう子供の割合も増えているのではないかと思ってしまいますね。

 

まだまだ難しい「お昼寝問題」

そもそもなぜ、保育園ではお昼寝が必要なのでしょうか?

その理由は、

  1. 遊び疲れて夕方などに眠ってしまうので夜眠れず、かえって就寝時間が遅くなってしまう
  2. 保育士さんの休憩やお帳面などを書く時間が取れなくなるため

などがあるようです。

そんなお昼寝ですが、お昼寝を無くした時のメリットについて考えてみると、

  1. お昼寝をしないことで夜早めに眠くなり、その結果、早寝早起きの習慣がつく。
  2. 小学校入学に向けての生活リズムが身に付く。

特に2のメリット、今後の生活リズムが身に着くことがよいですね。

※ 参考:
https://www.hoikujyouhou.com/hoiku_club/2872

お昼寝は「強制」でありストレスにもなるため、したい子としたくない子を分けて保育をする保育園も最近は出てきていますが、お昼寝をしない分、保育士を増やさないと手が回らないという園もあるでしょうから、まだまだ難しい問題であると言えますね…

※ 参考:
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190227-00000016-sasahi-life

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP