保育現場の課題に対する考え

保育の現場が抱える問題の把握

都内を中心に保育園の建設が進み、徐々に待機児童問題は解決しているように見えるが、児童を受け入れる園の職員の負担が増えてきている。

掃除、洗濯、寝かしつけ、コット敷き、クレーム対応、衛生面のケア、都度行われる行事の準備、帰宅してからの膨大な事務作業、、、保育士が対応する業務は日に日に増えており、保育士が本来やるべき業務に特化できていないことが、品質の低下、労務環境の悪化を招いているのではないかと考えています。

新聞記事

 

<保育施設における主な課題>

対応業務の複雑化、膨大化

施設内のトラブル増加

従業員の労務環境の悪化

ページ上部へ戻る