kanriの記事一覧

  1. 【現場レポート】若手幼稚園教諭のSOS

    友人との再会去る2016年12月26日、表参道にて、幼稚園の時に一番仲が良かった友達であり、幼馴染みでもある女友達と約10年ぶりに再会しました。

  2. vol.6:「保育所の利用調整基準(選考基準)」について考える

    新年度を前にして待機児童問題が連日報道されている。見えているだけで2万人超、見えていない潜在待機児童は4万人と、トータルで日本で待機せざるをえない児童数は6万人にも登ることになる。1年間に100万人が出生していることを考えるとかなりの率だと言える。

  3. vol.5:「保育園の入園決定時期(不承諾通知)」について考える

    新年度を迎えるにあたり、改めて不思議というか変だなあと思うことがありました。ホイクリーのサービスに携わっているスタッフが世田谷区に住んでいるんですが、2歳になる娘さんが入れる保育園が未だ見つかっていない。4月から働けるかもわからない。

  4. 祖師谷公園

    vol.4:「世田谷区の祖師谷公園内に保育所設置」について考える

              東京都世田谷区は国家戦略特区の枠組みを活用し、2017年4月に都立祖師谷公園内に保育所を開く。

  5. vol.3:「厚生労働省が教員資格者を保育士として登用検討」について考える

    政府は、2017年度末までに、45,000にも及ぶ待機児童の数をゼロにすることを目指し、小学校や幼稚園の教員資格を持つ人が、条件つきで保育士として働くことができるように規制を緩和する方向で検討に入ったようです。

  6. vol.2:「東京都が荒川区内の公園内に保育所設立」について考える

    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00309499.html東京都の荒川区は待機児童問題の解消策として、都立公園内に保育所を来年建設すると発表。

  7. 保育士試験 悩む女性

    vol.1:自民党の提言「保育士試験の年2回実施」について考える

     提言案では、慢性的な保育士不足の解消を目指し、都道府県が原則年1回行う保育士試験について、2回行う自治体を増やす方針を明記。子育てをしながら女性が働ける環境の整備に向けて企業内保育所をさらに増やすため、新たに設置した場合に助成される補助金の支給期間(運営開始から5年間)を延長する。

  8. いい保育、いいみらい

    ホイクリーブログ「いい保育、いいみらい」スタート!

    保育士不足、待機児童問題など日本社会が抱える保育環境はさまざまな課題・難題を抱えています。国も助成金の増加など、策を打ってはいるものの、保育士の労働環境は健全化には程遠く、給与面でも他の職種に比べて恵まれているとは言えません。

ページ上部へ戻る